【革命のファンファーレ】【新世界】2冊読んで分かったこれからの生き方

アイキャッチ画像 読書

どうも、じゅんじゅん(@ecm_mv)です。

 

最近Youtubeのこの動画を見てから「西野亮廣」さんに興味が出ました。

YouTube

 

そこで西野さんの書籍【革命のファンファーレ】と【新世界】の2冊を購入し、読了したので個人的に考えたことをまとめようと思いこの記事を書いています。

 

西野さんが伝えたいたった1つのこと

まあ、まずは結論から言うとこの2冊の本で伝えようとしていることはたった1つ。

 

すでに時代は信用を稼ぐ時代になってきている

 

今でもまだまだお金を貯める、貯金をすることが正しいことだと考えている人が多いのではないでしょうか。

僕自身も考え方を変えている移行期間で、まだまだ貯金思考は残っているというのが本音です。

でも、これからはそれではダメだと西野さんは伝えようとしています。

 

それはなぜなのかを自分の見解も含めて書いていきたいと思います。

すでに時代は信用を稼ぐ時代になっていきている

西野さんが言う信用を稼ぐとは、端的に言えば嘘をつかず有限実行していくこと。

嘘をつかず行動をしていけば信用貯蓄がどんどん増えていく、ということを言っています。

 

例えば、数年前からクラウドファンティングというサービスが有名になって使われる機会も増えてきました。

クラウドファンティングは、簡単に言うと自分のやりたいことをアピールして共感してくれた人からお金を集められる新しいプラットフォームみたいなものです。

 

で、このクラウドファンティングってお金を得る場所というイメージがありますよね。

でも、クラウドファンティングはお金を得る場所ではなく、本質的には信用をお金に換金する場所だと西野さんは言い切っています。

つまり、お金が手元になくても信用貯蓄があればクラウドファンティングを使っていつでもお金に換金できるよということです。

 

言い換えれば、信用があれば手元にお金を常に持っておく必要もないということになります。

 

僕なりの解釈ですが、西野さんは「嘘をつかないこと」と言っていますけど、それは言い換えれば偽りの自分を出さなければならない環境から飛び出そうよということを伝えようとしていると思います。

冒頭で紹介した動画や書籍の中でも述べられているんですけど、西野さんがテレビに出演しなくなった1番の理由が「テレビは本心を言え無い仕組みがある」ということだそう。

例えば、グルメ番組で自分は美味しくないと思っていても美味しいと言わなければならないことなんかがまさにそれだと。

 

結局は偽りの自分を演じていると信用を失うことになるよということですね。

 

これを読んで僕が感じたのは会社という組織で働いているとこんなこと尽くめじゃないか??と思ったわけです。

会社が進む方向が自分のいいと思っている方向と異なっていても、それをよしとして会社という船に乗り続けるたり、上司の言うことがなんか違うと思っても立場や状況で意義を申し立てることをしなかったり。

 

でも、そのことを考えたときにそこで我慢をしてそのままその環境に身を起き続けることと環境を変えることのどちらがリスキーなのかを考えることが重要なんだと思うんですよね。

多分ぼくは前者の方がリスキーだと思っています。

 

なぜかといえば、間違った信用が溜まってなおかつ幸せでもないからです。

偽って作った信用は自分の本心とは異なっているので、いつかボロがちゃうことでしょう。

それに、偽っているから本当はこう思っているのになーという思いが常にまとわりつく。

それによって、いつまでたっても幸せな感情は得られない。

 

だから、前者の自分を偽って生きる環境にあり続けることの方がリスキーだと考えています。

なので、これからの時代は信頼を得るために自分を偽ることのない環境に身を置いていくことが実は大きな転機となるのではないでしょうか。

 

一つ考えてみる価値があることだと思います。

 

では。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
Amazonで西野 亮廣の革命のファンファーレ 現代のお金と広告。アマゾンならポイント還元本が多数。西野 亮廣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また革命のファンファーレ 現代のお金と広告もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
新世界 | 西野 亮廣 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西野 亮廣の新世界。アマゾンならポイント還元本が多数。西野 亮廣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新世界もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました