コスパイヤホン3選

こんにちは、じゅんじゅん(@ecm_mv)です。

 

今日は、ぼくがオススメするコスパイヤホン3選を紹介したいと思います。

 

コスパということで5000円以内の商品に絞りました。

 

ちなみに、ぼくは学生時代にいい音を追い求めポータブルで音楽を聴くための聴きに総額50万以上つぎ込んだ過去があります(笑)

 

じゅんじゅん
じゅんじゅん

こいつアホだなと思ったそこのあなた!正解ですよ(笑)

まあ、そんな人間なのでかなりイヤホンに関しては聞き込んだ経験を持っています。

 

ので、今回紹介するイヤホンも自信を持ってオススメできるものを選びました。

 

今回ご紹介するのはこちら。

  1. Pioneer SE-CH5T
  2. Final E2000S
  3. Auglamour R8

 

それでは、一つずつ紹介していきます。

Pioneer SE-CH5T

 

PioneerのSE-CH5Tのご紹介です。

 

まず、今回紹介する3選に選出した中でももっとも安いイヤホン

 

¥3,200(税込)

 

この価格帯で高音域がとてもクリアなのにもかかわらず、低音がちゃんと出ているところが一番のポイントですね。

 

最近、この価格帯でもかなり進化した音を聴くことができるのですが、どうしても高音域に寄りすぎだったり、低音が弱かったりとバランスがイマイチなことが多いんです。

 

しかし、このイヤホンは本当にバランスがよくて気持ちよく音楽を聴くことができます。

 

ジャンルも幅広く楽しむことができると思います。

 

特に、ロックやポップスと相性がよく、EDMとかでもイケちゃいます!

 

あと、スマートフォンで音楽を聴く人には嬉しいマイク機能も搭載しているので、有難いんじゃないかと思います。

 

これまで最高で5万くらいまでのイヤホンを使ってきた経験を踏まえても、このイヤホンで正直十分だなと思っちゃうくらいで、今メインで使っています(もう一本はJVC HA-FX750という3万くらいのイヤホンを使っていますが、これよりこっちの方が出番が多い…)。

 

Final E2000S

 

続いて、finalのE2000Sです。

 

¥4,380(税込)

 

finalは日本のメーカーで、真鍮削り出しのイヤホンで注目を集めた比較的新しいブランドです。

 

このイヤホンは、そのfinalのエントリーモデルです。

 

しかし、エントリーモデルとあなどるなかれ!!

 

圧倒的に透明感のある高音域は、finalの真髄をこの価格帯域でも十分に感じることができます。

 

女性ボーカルのバラードなどを聴くと、とても綺麗で透き通った高音域による音の表現により、息継ぎまでもが生々しく聴き取れます。

 

イヤホンの個体自体が非常にコンパクトなので、女性の方にもオススメしやすく、プレゼントなんかにも最適です。

 

Auglamour R8-J

 

最後は、Auglamour R8-Jです。

 

中国のメーカーさんが投下してきたコスパイヤホンです。

 

¥4,980(税込)

 

これ、耳に合うかどうかがかなり重要なのですが、試着して耳にフィットすればとてつもないコスパを発揮してくれるイヤホンです。

 

低音が豊富(Pioneerのやつよりさらにでます)なのにもかかわらず音のクリアさがPioneerのものと大差無いことに驚かされました。

 

個体もメタルで高級感たっぷりだし、ケーブルが着脱可能なので、断線しても取り替えることができるのです。

 

この価格帯でケーブルを取り替えられるということが大きな利点。

 

なので、ケーブルを取り替えて音の変化を楽しむこともできるという点でも、コスパがめちゃ高いんですよね。

 

そして、付属品がエグい…

 

なんと、イヤホンケースがめちゃくちゃしっかりしたタイプのもの。

 

これだけで、多分¥3,000円とかしてもおかしくないんですよねー(笑)

 

ということで、全体的に耳に合えば圧倒的コスパイヤホンです。

 

探せばたくさんあるコスパイヤホン

いかがでしたでしょうか?

 

これらのイヤホンは大型家電量販店で基本的には視聴が可能です。

 

とても数万円もイヤホンにお金はかけられない。

 

だけど、ちょっとくらいならイヤホンにお金かけてもいいかなって思った方がもしいらっしゃったら是非一度ここで紹介したイヤホンを試聴してみてくださいね。

 

5000円以内で今まで以上の楽しい音楽ライフを手に入れられること間違いなしです。

 

この記事が少しでも迷っている方のお役に立てれば幸いです。

コメント

  1. […] コスパイヤホン3選 […]

タイトルとURLをコピーしました